私、冒険の途中

誰かのためになれたら嬉しいです

医療保険の話

こんにちは。

本日のトピックは医療保険についてですが、これは完全に私のメモ書きです。医療保険、ずっと会社でやっているものに入っていたのですが転職してから入っていなくて…母が入ってくれって泣いて頼んできて笑 私は正直月2000円とかでも、もったいなくて払いたくないと思ってしまいますので、医療保険、どれがいいのかはたまた入らなくていいのか…と悩んでいました。

そしたら今日たまたま住んでいる地域で地域のお祭りがやっていて、そこにFPの方がいらっしゃったので医療保険について相談してきました!本日はその備忘録です。

 

医療保険は必要?

私がネットで調べたところ、医療保険不要派の意見は以下の通りでした。

  1. 日本には高額療養費制度があるので、支払額の最大が決まっている。
  2. 掛け捨てするなら、貯蓄もしくは投資して医療費を貯めておくべき。
  3. 医療保険が必要な人は、自分の貯蓄が無い人。
  4. 先進医療はほぼ受ける人がいないので気にしなくて良い。

こんな感じでした。まず1番についてですが

日本の社会保障で、給料天引きなどで保険料払っている人は、病院も三割負担ですし、高額療養費制度が使えます。高額療養費制度とは、一ヶ月に払う療養費の最大値が申請すれば決まる制度です。大体給料500万の人だったら最大8万とかです。多い人でも10万くらいです。

なので、入院手術で100万の支払いになっても、負担は8万で済みます。

しかも私の保険は、さらに2万負担してくれるみたいです。これは加入保険によって異なるので、調べてみてください。

 

次に2番、3番ですが、今は積立NISA や、iDeCoがありますので掛け捨てでお金払うなら積み立てるべき、ということです。それはその通りだと思います。投資した方がかかるかわからない病気を待つよりもずっと前むきで良いと思います。

 

次に4番ですが、医療保険に入ると先進医療分を負担してくれます。先進医療って、数百万とかするのでこれは安心だなーと余っていたのですが、先進医療ってほとんど受ける人いないんですって。これはFPの人にも確認とりました。なので、気にする必要は無いと思います。

 

以上より、医療保険は貯蓄をしてれば不要とのことです。たしかに、月2000円の保険で、2年以内に病気になれば特しますが、それ以降は損していくことになりますね、高額療養費制度があれば支払いの最大値も決まっていますし、あとは差額ベット代や食費、パジャマ代などくらいでしょうか。

私はここまで自分で調べて、これなら医療保険は入らなくていいのでは?と思いました。そして今日FPに相談して、更にわかったことがありましたので共有します。

 

全額返金型の医療保険

70歳などに、入院等で支払いが無かった分は全額返金してくれる医療保険をご存知でしょうか?例えば、以下のようなものがあります。

楽天生命スーパー医療保険 戻るんです|楽天生命保険【公式サイト】

新メディフィット リターン | メディケア生命保険

メディカルKit R | 医療保険 | 東京海上日動あんしん生命保険

こちらは、満期になったら使わなかった分は全額戻ります。これは掛け捨てでは無いので、月の保険料は掛け捨ての二倍ほどの値段になります。

いずれ戻るにしても、私は毎月こんなに高額払うのは嫌だな、なら投資したいな、と思っていたのですが、FPからこんな意見をもらいました。

  • 医療費控除を使用すると、最大8万控除され1万戻ってくる。利回りはかなり良い。医療費控除を使用して70歳まで続け、全額返金されればお金は減らず増える。使っても使った分が減るだけなので損しない。

なるほどーと思いました。確かにこれなら損はしないし、ある意味投資と同じですね。

しかし、生涯保障にはデメリットもあります。

  • 戻ってくるのは基本プラン分のみ、特約、例えば癌の一時金や女性特有の病気の保障を付けるとその分は掛け捨てとなるので戻ってこない。
  • 保障プランは一生変わらない。世の中が変化して保証も変化した場合、新しい保障は受けられない。70歳になる頃は数十年前の保障を受けることになる。
  • 満期、例えば70歳以降は掛け捨てとなるので、無駄になる。

いかがでしょう?確かに、保障内容が変わらないのはデメリットですね。あと満期になってからは掛け捨てなこと、特約分は掛け捨てになることも要注意です。

 

計算してみた。

ちょろっと、もし楽天のスーパー医療保険戻るんですに加入した場合、自分が生涯いくら払うことになるのか計算してみました。今28歳で、85歳まで生きることにします。

 

月の支払い:3,520円 がん一時金などの特約一切なし 還付金の受け取り70歳

3520×12ヶ月×42年間=1,774,080円 これは全額70歳で戻ってきます。

3520×12ヶ月×15年間=633,600円 70歳以降の掛け捨て額

3520×12ヶ月×0.125=5280円 控除で一年間で戻ってくる額

633600−5280×15年間=554400円 85歳までに実質支払う額

 

という感じで、生涯55万ほどで安心できるなら、良いかなーって感じはしますね。

 

本日の私的なまとめ

FPに相談したことで、自分の概念を変えることができました。これらを踏まえて私的、医療保険入るか入らないかのまとめを作成しました。

  • 医療保険入るなら戻ってくるタイプの保険、特約なし。それの民間保険にするなら入らずに投資に回す。
  • 会社でやっているすごーく安い掛け捨て保険がある場合はそちらでも可。すごーく安いの判断は人によって異なるが、私の気持ちでは500円ほど。500円ほどであればお昼我慢したと思えば良いから。

 

医療保険、一生払うとなるとかなりの額ですので、考えないとですね!この内容がお役に立てたら嬉しいです。